マタニティ

    不妊

    妊娠

妊娠と煙草(タバコ)の関係は?胎児へのリスクやデメリットについて説明します



たばこが体に悪いことは誰でも知っています。
でもおなかの赤ちゃんやお母さんへの影響をご存知ですか?
赤ちゃんは生まれてくる環境を選べません。だからこそ、良い環境を作ってあげるのはパパとママの大事なお仕事。
身体に悪いとわかっていても止められないタバコから卒業するカギは?
妊娠を機に、ママと赤ちゃんのためにみんなで「禁煙」を成功させましょう!

まずは知っておくべきタバコのリスク


受動喫煙とは、まわりにいる人がたばこを吸うために、たばこを吸わない人が、間接的にその煙を吸ってしまうことです。たばこから出る煙には、喫煙者が吸い込む煙よりはるかに高濃度の有害物質が含まれており、受動喫煙でも喫煙者と同様の健康被害を受けるのです。

胎児・新生児への悪影響


人生最初の受動喫煙の被害者は赤ちゃんです。
ここでは受動喫煙が与える主な影響をあげてみました。
受動喫煙の赤ちゃんへの影響として危惧されるもの
胎児:流産、早産、死産、低体重児、身体奇形
新生児・乳:新生児死亡、肺炎
幼児:喘息様気管支炎
その: 胎盤異常(胎盤早期剥離、異常出血など)

SIDS(乳幼児突然死症候群)発生率の増加


これは健康上の問題が予測できない乳幼児が、なんの前ぶれもなく突然亡くなり、その原因がわからないもののことを言い、その要因の一つとして父母の喫煙習慣があげられています。

誤飲事故の原因製品の上位、「タバコ」


たばこの誤飲は、急性ニコチン中毒を引き起こすことがあり、 とても危険であり、たばこが溶け込んでいる液体を間違って飲んだ場合は、体内に吸収される時間が早いため、さらに危険になります。

健康被害以外の「煙害」


タバコの煙の「いや~な臭い」、じつはこれも立派な「煙害」。
喫煙者は匂いに鈍感になっていて気がつきませんが、非喫煙者--特に嗅覚が敏感になっている妊婦さんにとっては不快なもの。
つわりやイライラがひどくなる前に、パートナーや家族にあなたの辛さを素直に伝えて、協力してもらいましょう。

女性が喫煙することのリスクとデメリット


妊娠中だけじゃない?!母体に与えるタバコの影響。
■不妊のリスク
喫煙者は非喫煙者に比べると不妊症になるリスクが高くなります。さらに、たばこの煙は生殖機能を低下させ卵子の老化を早め、閉経も数年縮めます。またパートナーが喫煙している場合も受精しにくくなり、精子に染色体異常が現れたり、総精子数、運動精子数、運動率も非喫煙者に比べると低くなります。
■妊娠が発覚してからのリスク
・妊娠中の女性は2人分の呼吸をしています。
・夫が1日1箱以上喫煙する場合、妻の肺がん死亡率は1.91倍。
・流産の確率は非喫煙妊婦の1.5倍。
・周産期死亡(妊娠28週以降の死産と生後1週間未満の早期新生児死亡)は1.2~1.4倍。
・遺伝子異常。

禁煙のカギは家族や友人など周囲のサポート!


いざ、禁煙!といっても、本人ひとりの力で禁煙を成功させるのは至難の業のようです。
そこでカギとなるのが家族や周囲のサポート。
家族全員で禁煙をバックアップしよう!

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント