逆襲シリーズ

とある妊婦の逆襲シリーズ~喫煙し続ける義理姉~

とある妊婦の逆襲シリーズ⑤~喫煙し続ける義理姉~

初めての妊娠のため、一つ一つのことに気がかりな毎日。
つわりで辛い時にはなんとか楽になる方法を考え、なんとか仕事・家事をこなす日々。寒くなってきて体を冷やさないように…とか、赤ちゃんの為に少しでも良いことを心がけようと思っている中…。

少しは気を使ってよ、お義理姉さん…


世間では、こんなにも喫煙者の肩身が狭くなっている中、身内に妊娠している人がいるっていうのに、とんでもない人物がいたよ。
それは、旦那の姉。そう、義理姉40歳。

子供2人、長男10歳、次女5歳がいるというのに、全くお構いなしに喫煙をする義理姉。
妊娠するまでは、気が利くし、優しいし、誕生日には誕生日プレゼントをくれたり、お姉さんに対して全然悪い印象もなかったなぁ。
ただ一つ気になっていたのは、子供の前なのにタバコを吸うことくらい。
義理夫婦ともに吸うから、その夫婦にとってはいたって普通のことだと思う。
けど、喫煙をしない家庭で育った私は、本当に煙たく、あまり好ましくはなかった。
でも、さすがに私の妊娠が分かってからは、やめてくれるか、または目の前では吸わないだろう…なんて甘く考えていたのだけど。
まさか、こんな状況になるとは思ってなかったよ。
私の前でも全く気にせず吸うし、何なら、あえて吸っているの?っていうくらい本数が増えているんじゃないの?
旦那にお姉さんたちの喫煙のことを相談しても、なんだかイマイチな返答。
「ん~。そうだよなぁ。俺もそれは気になってはいたから、またタイミング見て姉ちゃんに言っておくよ。」
と。
いやいやいやいや!
タイミング見て言うんじゃなくて、目の前ですぐ言ってよ!自分のお腹の子、私のことを大事に思ってないの?!と思ってしまうくらいの返答。
つわりで臭いに対してもさらに敏感なのに、本当気が付かないことにさらにイライラ。
この体、体調、私と代わってみたらいいのに!つわりの辛さ、だるさを、身をもって体験したら、お姉さんにも絶対強く言ってくれるはずだよね。
でも、そんなことは男性にはわかるはずはないともわかってはいるものの…。
それにしても、妊娠を2回も経験しているお姉さんは何故配慮してくれないのか、不思議でたまらない。
もうすっかり忘れてしまったのだろうか…。

妊婦の逆襲〜子供からのトドメの一言〜


妊娠して初めて気づくことって結構ある。
旦那がそんな感じだったら、私がどうにか抵抗しないと…と思って、こんなことで小さな逆襲してみた。

ある休日の昼間のこと。
その夜、みんなでご飯を食べようということで、義理姉夫婦はスーパーに買い物に行き、私は子供たちの子守りを頼まれたの。
二人がいない間、子供たちとある遊びを思いつき、提案してみた。
「宝物探し~タバコの行方は?~」
私が隠し役、子供たちは探す役。
30秒数えてね!と伝え、義理姉夫婦のタバコケースを、子供ではなかなか見つからないところに隠してみた。
案の定、15分経っても見つけられず、結局最後まで見つけることができなかった。
私はあえて場所を教えることはせず、パパとママと探してみてね!と言って、その日は帰宅。

次の日、家が近いこともあり差し入れをする物があったため、義理姉宅に寄ってみた。
予備のタバコケースを隠したため、何か言われるかなと思ったけど、何も言われなかった。
あんなヘビースモーカーなのに、予備のタバコが不要なわけないし、何かあったのかな…と思って、子供たちに「ママたちに昨日の宝物探しのこと、何か言われた?」と聞いてみたら、「言われてないよ?でも、タバコ探してるみたいだったから、ママたちにタバコなんかやめたら?って言ったよ。僕も嫌だもん。臭いから。」とのこと。
子供たちも思っていたんだ…となんだか一安心しちゃった。
それに、子供たちに言われたら少し控えめにするかなぁ~、と期待。

そして後日、旦那からも言ってもらえたようで、私の前でそれ以降タバコを吸うことがなくなった!
子供からも旦那からも言われ、少々反省をしてくれたようで、本数も減ったそう。
これでまた良好な関係を築けるかなっていう気がするし、気持ちもスッキリ〜!

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント