逆襲シリーズ

とある妊婦の逆襲シリーズ〜悪気がないから、たちが悪い。義母からの宅急便〜

 

とある妊婦の逆襲シリーズ〜悪気がないから、たちが悪い。義母からの宅急便〜

義母とはうまくやっている、はずだった。妊娠がわかったときも、実の母より喜んでくれた。「改めてよろしくお願いします!」って、言ってたときが平和だったなぁ・・・30年以上前のオモチャたちを前に、私は茫然と立ちつくした。

私にとって、口うるさくない義母は「当たりくじ」だった


プロポーズされてから、初めてあった彼の親。二人ともいい人そうで、安心したのを覚えてる。最初の印象は、控えめでかわいい人。義父に比べると物静かだし、年の割にはキレイだなと思った。
結婚式も、新居も、私の仕事も、全部「あなたの好きなようにしなさい」と言ってくれたしね。わが子のように可愛がっている愛犬のトイプードルをなでながら、私の話を聞いてくれた。
結婚した友だちの義母の中には、強烈なキャラの人もいるし、義母へのねちっこい愚痴も死ぬほど聞かされてたから正直ビビってたけど、私の義母は「当たり!ラッキー」って、思ってた。

なかなか妊娠しない私に義母から届く「恐怖の宅急便」


ある日、いきなり義母から段ボールが届いた。開けてみると、大量のカイロ。毎日貼っても半年はもつであろう、カイロ。「え・・・なにこれ?」、義母にすぐ電話した。
じゃあ、「冷え性だって言ってたでしょ?事務のお仕事はずっと座ってて手足が冷えるから、使って。冷えは女の体によくないのよ!」だって。(はぁ、まあそうだけど)と思いつつ、簡単にお礼を言って電話を切った。
それからも届く届く、私の体温を上げるための数々の品物。申し込んでもないのに定期便のように。分厚い靴下、ダサイ腹巻、あやしい漢方・・・そう、妊娠しないのは私が冷え性だからだと思っているらしい。義母の無言のプレッシャーに、吐き気がした。

妊娠発覚で終わるかと思いきや、エスカレートする義母


そんな義母の努力が実り?私は無事に妊娠。義母の喜んだこと喜んだこと。(あー、これでカイロも届かなくなって、一件落着だねー)なんて、ホッとしてたのもつかの間。ここからが義母の本領発揮だったのよ。
冷え性改善グッズの次は、カフェインレスの嵐、葉酸と鉄分のサプリメントはかるく3年分・・・でも、ここまではまだ「ありがとうございます」って言えてた。
極めつけは夫が生まれたときに使っていたオモチャよ!黒ずんだぬいぐるみ、破れた絵本、黄ばんだベビードレス、全部に夫の名前が書いてる。でんでん太鼓まである。もはやオモチャの歴史博物館状態。
義母よ・・・これ送られきて、どこの嫁が喜ぶと思ってんのよ。だいたい今までどこに仕舞ってたの?たちが悪いのは、全部「よかれと思って」「これから必要でしょ?」「いいやつだから、使って!」で送ってくるとこ。義母に悪気はない、あるのは孫への愛情だけなんだよね・・・わかってる。わかってるけど、嘘でも「ありがとうございます」なんて言えないでしょ。

妊婦の逆襲〜愛犬に贈るダサすぎるドッグウェア〜


もう無理。使えないもの送られてきて喜ぶやつがいるか!自分の趣味と思い出を押し付けるな!こうなったら、私も送り返してやる!
義母が溺愛するトイプードル。いつもいい服着てるのよ、この子が。義母も、リンクコーデとかいいながらテイスト合わせちゃったりして。だから、私が選んだとっておきのお洋服たちを送ってあげたの。犬より目立つキャラクターがプリントされてたり、「I LOVE 飼い主」って書かれてたり、全部「よかれと思って」ね。
「これ・・・あなたが選んでくれたの?」「そうなんです!絶対、ワンちゃんに似合うと思ってー。なかなか持ってなさそうなお洋服だったから気分転換に着せてあげてください!あ!あれ、お母さんもリンクコーデできますよ?よかったら送りましょうか?」「いえ・・・大丈夫よ。」
それからさすがにオモチャは送ってこなくなった。ハイセンスな自分と、嫁の趣味は違うと思ったのかな?それなら、私の作戦勝ちね!
義母とはうまくやっている、はずだった。妊娠がわかったときも、実の母より喜んでくれた。「改めてよろしくお願いします!」って、言ってたときが平和だったなぁ・・・30年以上前のオモチャたちを前に、私は茫然と立ちつくした。

口うるさくない義母は「当たりくじ」だった


プロポーズされてから、初めてあった彼の親。二人ともいい人そうで、安心したのを覚えてる。最初の印象は、控えめでかわいい人。義父に比べると物静かだし、年の割にはキレイだなと思った。
結婚式も、新居も、私の仕事も、全部「あなたの好きなようにしなさい」と言ってくれたしね。わが子のように可愛がっている愛犬のトイプードルをなでながら、私の話を聞いてくれた。
結婚した友だちの義母の中には、強烈なキャラの人もいるし、義母へのねちっこい愚痴も死ぬほど聞かされてたから正直ビビってたけど、私の義母は「当たり!ラッキー」って、思ってた。

なかなか妊娠しない私に義母から届く「恐怖の宅急便」


ある日、いきなり義母から段ボールが届いた。開けてみると、大量のカイロ。毎日貼っても半年はもつであろう、カイロ。「え・・・なにこれ?」、義母にすぐ電話した。
じゃあ、「冷え性だって言ってたでしょ?事務のお仕事はずっと座ってて手足が冷えるから、使って。冷えは女の体によくないのよ!」だって。(はぁ、まあそうだけど)と思いつつ、簡単にお礼を言って電話を切った。
それからも届く届く、私の体温を上げるための数々の品物。申し込んでもないのに定期便のように。分厚い靴下、ダサイ腹巻、あやしい漢方・・・そう、妊娠しないのは私が冷え性だからだと思っているらしい。義母の無言のプレッシャーに、吐き気がした。

妊娠発覚で終わるかと思いきや、エスカレートする義母


そんな義母の努力が実り?私は無事に妊娠。義母の喜んだこと喜んだこと。(あー、これでカイロも届かなくなって、一件落着だねー)なんて、ホッとしてたのもつかの間。ここからが義母の本領発揮だったのよ。
冷え性改善グッズの次は、カフェインレスの嵐、葉酸と鉄分のサプリメントはかるく3年分・・・でも、ここまではまだ「ありがとうございます」って言えてた。
極めつけは夫が生まれたときに使っていたオモチャよ!黒ずんだぬいぐるみ、破れた絵本、黄ばんだベビードレス、全部に夫の名前が書いてる。でんでん太鼓まである。もはやオモチャの歴史博物館状態。
義母よ・・・これ送られきて、どこの嫁が喜ぶと思ってんのよ。だいたい今までどこに仕舞ってたの?たちが悪いのは、全部「よかれと思って」「これから必要でしょ?」「いいやつだから、使って!」で送ってくるとこ。義母に悪気はない、あるのは孫への愛情だけなんだよね・・・わかってる。わかってるけど、嘘でも「ありがとうございます」なんて言えないでしょ。

妊婦の逆襲〜愛犬に贈るダサすぎるドッグウェア〜


もう無理。使えないもの送られてきて喜ぶやつがいるか!自分の趣味と思い出を押し付けるな!こうなったら、私も送り返してやる!
義母が溺愛するトイプードル。いつもいい服着てるのよ、この子が。義母も、リンクコーデとかいいながらテイスト合わせちゃったりして。だから、私が選んだとっておきのお洋服たちを送ってあげたの。犬より目立つキャラクターがプリントされてたり、「I LOVE 飼い主」って書かれてたり、全部「よかれと思って」ね。
「これ・・・あなたが選んでくれたの?」「そうなんです!絶対、ワンちゃんに似合うと思ってー。なかなか持ってなさそうなお洋服だったから気分転換に着せてあげてください!あ!あれ、お母さんもリンクコーデできますよ?よかったら送りましょうか?」「いえ・・・大丈夫よ。」
それからさすがにオモチャは送ってこなくなった。ハイセンスな自分と、嫁の趣味は違うと思ったのかな?それなら、私の作戦勝ちね!

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント