出産

立ち会い出産で夫が気絶?立ち会い出産のおもしろエピソードを集めました

立ち会い出産で夫が気絶?立ち会い出産のおもしろエピソードを集めました

妊婦さん本人だけではなく、旦那さんをはじめとする家族にとっても、出産は一大イベントですよね。特に立ち会い出産となると、立ち会う側の人も想像以上に緊張してしまうようです。そんな立ち会い出産で起こったおもしろエピソードをご紹介します。

本当にあった…分娩中に夫が気絶


私のお産自体は特別なことはなく、陣痛促進剤を使ったり、吸引分娩になったりしたわけでもなければ、時間もごく一般的だったと思います。
何より、私は結構落ち着いて出産できるタイプで、特に取り乱したり大声をあげたりもしていませんでした。

が…。
私の枕元あたりで動画を撮りながら立ち会ってくれていた夫。私の手を握り、一緒に呼吸法を実行してくれていました。
すると突然握ってくれていた手に力がなくなり、「ゴトン」という音がして夫が気絶。
実は夫は1週間前まで運悪く風邪をこじらせて数日間の入院をしていて、体調が万全ではなかったんです。
気絶とは言っても一瞬で、「お父さん大丈夫???」という看護師さんの言葉で意識が戻り、そのまま頑張って最後まで立ち会ってくれました。

その時は私も余裕がなかったのですが、動画を撮っている最中だったため、一部始終が記録されており…後で見て大笑いしてしまいました。
あんまり人にいうと怒られますが、ちょっと誰かに言いたくなる立ち会い出産エピソードです。

あの…旦那さん起きないんですけど…


今でこそ笑い話ですが、その時は本当に腹が立った我が家の立ち会い出産エピソードです。

初めての出産で、予定日を超過していたこともあり、あまり陣痛が強くなる前から病院に行ったのです。
病院に着いたのが夜の18時頃。そこから長い長い戦いが始まりました。夫は夜中もずっと付いていてくれていたのですが、もともと夜に強いタイプではなかったので、明け方ごろに限界が。看護師さんに促されて、私のベッドで休むことになりました。
なかなか戻ってこない夫。しかももう子供は生まれそう。そこで夫を呼びに行った看護師さんから衝撃の一言が…
「あの…旦那さん起きないんですけど…」
相当腹が立ちましたが、もうそんなこと気にしている余裕はなく、無事出産。
夫が起きてきたのは、赤ちゃんの処置が一通り済んだ後でした。

仕事帰りにそのまま付き添ってくれたので文句も言えないんですが、まさか起こしても起きないなんて…。その引け目もあってか、子供の世話ははじめから頑張ってくれくれましたよ。

ママをいじめるな〜〜〜!と長男号泣


二人目の出産でした。夫だけでなく、長男にも赤ちゃんが生まれる瞬間に立ち合って欲しいと思い、夫と一緒に付き添ってもらっていました。

私が一人で痛がっている間や、助産師さんがサポートしてくれている間は、心配そうにして声をかけてくれるだけだったのですが、長男が一変したのは先生が分娩室に入ってきた時です。
少し年配の男性の先生だったのですが、どうにも長男は男の人を悪者に思ってしまう傾向があり…先生が来てくれてから私が「痛い〜やめて〜〜」と思わず叫んでしまうと、「やめろ〜〜〜〜やめろ〜〜〜〜〜ママをいじめるな〜〜〜!」と大号泣。もう先生を殴りに行こうというくらいの勢いだったとか。

笑う余裕はなかったけど、その泣き声で冷静さを少し取り戻し、最後の一踏ん張りができました。
下の子が生まれると、つい下ばっかり可愛がっちゃうなんて聞きますけど、この一件もあり長男も可愛くて仕方がない今日この頃です。

血だらけになった旦那の手


初めての出産で、とにかく不安でした。もともと痛みにも弱く、陣痛に耐えられるか怖くて、泣いてしまったことも何度もありました。
なので旦那には、絶対に立ち会い出産をして欲しい、ずっと手を握っておいて欲しいとお願いしていました。

ついに陣痛が来て、泣いたり叫んだりしながらもなんとか出産。
ホッとして、やっと握っていた旦那の手を離そうとした時、「それどうしたの????」とびっくりしました。旦那の手は私の爪のあとで血だらけで、握り締められすぎて内出血みたいになっていました。
そんな手になっても「よく頑張ったね」とニコニコ笑っている夫に、号泣。

その後結構傷が治るのに時間がかかって、傷を見ては二人で笑っていたのですが、心の中は本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

夫が泣きすぎて、みんなで大爆笑


うちの夫は体育会系で、感動しやすい熱い男なのです。
立ち会い出産も私が頼んだわけではなく、「俺が絶対に支える!」「子供の誕生には絶対立ち会う!」と自分から言い出したのです。

陣痛中も汗を拭いたり、スポーツドリンクを飲ませたり、腰を押したり、ゴルフボールでお尻を押したり、持ち前のパワーを存分に活かして、大活躍。
看護師さんも「こんなサポートのうまい旦那さん初めてみたわ〜」と感心されるほどでした。

そんな大活躍の夫が、最後の最後に突然の大号泣!
もう少しで赤ちゃんが誕生するという場面になり、感極まったよう。
人目もはばからず「〇〇頑張れ〜〜〜〜!!!」「赤ちゃんも頑張れ〜〜〜!!!」「パパはここにいるぞ〜〜〜ウォ〜〜〜〜!!!」と大きな声で叫びながら大泣き。
看護師さんに「お父さん声大きい!!」と注意されても興奮止まらず、生まれた後もしばらく泣きっぱなしでした。
そんな夫を前にすると、なんだか私は全く泣けず、代わりに先生や助産師さんと大爆笑してしまいました。

私のご飯を食べすぎてトイレにこもった夫


産婦人科の食事って、豪華で美味しいんですよね。陣痛中とてもご飯が食べられる状態じゃなくても、この食事が3食出てくる。もったいないし、夫に食べてもらっていたのですが、もともと食の細い夫に多すぎたらしく、途中で下痢に。LDRにあるトイレにこもってしまいました。
また運悪くこちらも浣腸をした後…。「お願い出て来て〜〜〜!」と頼みましたが無理で、私は車椅子で別のトイレの運ばれるという…。
後で看護師さんに「ごめんねぇ、笑っちゃいけないけど、笑っちゃったわ」と言われました。
いやほんと、笑いごとじゃなかったです、私にとっては…。

最後に


いかがでしたか。
他にも、出産中の妻にボロカス言われてかわいそうなくらい凹んでしまった夫がいたり、家族総出の立ち会いで応援団のようになっていたり…本当に出産は十人十色。でも立ち会い出産に満足した人は多いようです。
あなたの立ち会い出産も素敵なものになりますように。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント