逆襲シリーズ

とある妊婦の逆襲シリーズ〜つわりの時に夜の営みを迫る夫〜

とある妊婦の逆襲シリーズ〜つわりの時に夜の営みを迫る夫〜

つわりの辛さを男性にわかってもらうのは酷って言うのはある程度わかってるつもり。同じ妊婦であってもつわりの症状は様々だし、私の場合とりあえずご飯は食べられることもあって、夫に辛さが伝わりにくい。そんな時、酔っ払った夫が夜の営みを迫ってきて…

つわり中だから?妊娠中だから?そんな気分じゃない


付き合い始めた頃ほどじゃあないけれど、周りの友達の話を聞く感じでいくと、それなりに夜の営みは継続してきた方だと思う。付き合ってから5年近く経つにしては、そこそこ仲のいい夫婦の部類に入るんじゃないかな〜なんて個人的には思ってる。
でもねでもね。妊娠中だからなのか、つわりで体調が悪いからなのか、何が原因かははっきりわからないけど…どうしてもそういう気分にはなれないっていうのが本音なんだよね。
先生はしても大丈夫って言っているし、別に夫ことを嫌いになったわけじゃないし、「気持ち悪い!」「触るな!」とまでは思ってないんだけど、ほんとごめんなんだけど、今は待ってってのが正直なところ。

まれに妊娠中はいつも以上に夜の営みが活発になる夫婦ってのがいるみたいだけど、ちょっとうらやましいとさえ思っちゃう。

酔っ払って帰ってきた夫。夜の営みを迫る


つわりの辛さがよくわかってないのは、仕方ないと思いつつも日々色々と腹がたつ。とはいえ、いつもより我慢してくれているのは伝わるから、ちょっとかわいそうかな、とも思ってるんだよね。

そんなある日、夫は会社の飲み会でそこそこ酔っ払って帰ってきた。そもそも、こっちはお酒も飲めず、家事をするために、お腹の子供のために早く帰って来てるっていうのに、自分だけ飲みに行ってるってことにまずイライラ。
それだけですでにイライラしているのに、酔った勢いに任せて、普段我慢している気持ちを爆発させて、夫が夜の営みを迫って来た!
もうなんなのよ〜〜〜!!って思うし、胸のムカムカはもちろん続いたまま。でも拒否して浮気でもされたら、子供が生まれる前に離婚なんてことにもなりかねないと思って、その日はなんとか受け入れたんだけどね。もう、苦痛でしかなかったよ。

ちゃんと体を気遣ってくれてたのは認めるけど、最悪の体調で受け入れるこっちの気持ちをそのうち絶対わからせてやる!!!てその時決めた。

妊婦の逆襲〜悪酔いをして帰って来た夫に私から迫る〜


実はあんまりお酒が強くない夫。こないだのように、ちょうどいい感じにそこそこ深く酔っ払えることはマレなの。ちょっとほろ酔い気分くらいにとどめておくか、とことん飲んで悪酔いして気持ち悪くなるか、どっちかっていうのが多いから、基本的にはほろ酔いくらいで止めておくことが多いんだよね。悪酔いすると、本当に吐き気がひどくなってるから、まさにつわりみたいな状況になるみたい。

ところがこの日、接待としての飲みの席で、相手がものすご〜くお酒の強い方だったらしく、とにかくひたすら飲まされたみたい。
帰って来たときには明らかに顔色が悪く、手にはミネラルウォーターのペットボトルを握りしめてた。

それを見た私は「今日こそ逆襲の日!」てなわけで、夫がシャワーを浴びている間に気合の入った下着に着替えてベッドでスタンバイ!
夫がシャワーから出てくるやいなや、その下着姿で夜の営みを迫ってやったの!
明らかに「え?????今日???今??????」って顔をしたけど、そんなこと知〜らない。でもわずか数十秒後、夫はかまわず続行する私を押しのけてトイレへダッシュ。吐き気が抑えられなくなったみたいね。

もちろん、そんなことは計算済み。夜の営みを行うつもりなんてさらさらない私は、「私の気持ちが、少しでもわかった?」という書き置きを残して、先に眠りにつきましたとさ。

翌朝、「あの状態では確かにきつい。本当にごめん。」と謝ってくれて、ちょっとスッキリしました。


一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント