マタニティ

妊婦の時のお葬式。出席しても大丈夫?

妊婦の時のお葬式。出席しても大丈夫?

人間生まれてきたら、いつかは訪れる永遠のお別れ。悲しいことですが、妊娠中にお葬式やお通夜の案内を受け取ることもあるでしょう。体調や気持ちも不安定な妊娠中、気になる迷信もあります。出席しても良いか迷う人の参考になる情報を集めてみました。

妊娠中にお葬式に出席しても良いの?


結論からお答えするなら、その答えは「YES」です。
妊娠中にお葬式に出席してはいけないという明確な理由はありません。
故人との最後のお別れの場となるのですから、故人を偲ぶ気持ちを大切に考えると良いのではないでしょうか。

気になる迷信。その内容って?


聞いたことがある人も、そうでない人もいるかもしれませんが、妊婦がお葬式に参列することに関する迷信があります。
一番有名なものには、「赤ちゃんがあの世に連れて行かれる」というもの。
他にも「赤ちゃんに霊が取り憑いてしまう」「赤ちゃんに痣ができてしまう」なんてものもあります。
もちろん、全く何の根拠もありません。
全ての迷信は、妊婦に無理をさせないために言い伝えられていると考えられています。
ただし、地域によっては強く信じられている場合もあります。
親戚などのお葬式であれば、その地域のことについて確認しておくと良いかもしれません。

根拠はないといっても、信じるか信じないかは本人次第です。
お葬式に行ったことを後悔するのか、行かなかったことを後悔するのか、こちらも本人次第。それに加え、赤ちゃんは旦那さんやお互いの両親など、みんなで守っている命ですから、周囲の意見を聞いてみんなが納得する形で決められると良いですね。
出席したいけどどうしても気になるという人は、魔除けを試してみてもいいでしょう。
腹帯に手鏡を逆さ(鏡の面を外側)にして入れておくと、悪い霊などを跳ね返すと言われています。他に、お腹に赤い布を巻いておくというものもあるようです。

実際にみんなは参列した?しなかった?


筆者の場合、こういった迷信は全く信じないタイプなので(夫も同じ)、親戚の葬儀には逆さ手鏡もせずに参列しました。
ただ、まだお腹が目立たない時期だったので、妊娠していることは親戚には伝えていませんでした。結果的に何もなかったのでよかったですが、今思えば、念のため伝えておいた方が良かったかもしれません。

他の人の話を聞いてみると、
<欠席パターン>
・事情を説明して欠席させてもらった
・母や義母などに反対されて、欠席することになった
・その地域の風習で、妊婦は出席しない方が良いと言われた
・遠方だったので、体調を考えて欠席した
・つわりがひどくて、ほぼ寝たきり状態で出席できなかった
・臨月が近く、何かあったらいけないと思い欠席した

<出席パターン>
・腹帯に手鏡を入れて出席した
・お通夜にだけ出席した
・お通夜、葬儀とも出席したが火葬場には行かなかった
・火葬場にも行ったが、骨は触らない方が良いと言われ骨揚げはしなかった
・葬儀場には行ったが、控室にいた
などがありました。

出席できなかった場合、弔電を送ったり、後日お仏壇にお線香をあげにいったり、別の形でお別れのご挨拶をした方も多いようです。

妊婦がお葬式に参列する際に気をつけることは?


<まずは体調を第一に>
何よりも優先すべきは、妊婦さん自身の体調です。
つわりがひどい、切迫流産や切迫早産の診断を受けている場合などは、迷わず欠席する方が良いでしょう。
また臨月や臨月間近の時も、いつ産気づいてしまうかわかりません。そうなると迷惑をかけてしまうことになるので、出席しない方が良いと思います。

お葬式では、慣れない場所に行くことになりますし、距離が遠いこともあるでしょう。特に体調に問題がなくても、あまりに遠方の場合は無理をしない方が良いこともあります。
また葬儀場は座れることも多いですが、火葬場は立ちっぱなしになることも考えられます。葬儀場での過ごし方などを係りの人に確認し、行くか行かないかを判断してください。
さらに、普段会わないような人とも多く会うことになるため、気持ちの面でも気を使って疲れてしまうこともあります。何より、深い悲しみに包まれた空間に長くいることは、情緒不安定な妊婦さんには負担になるかもしれません。
一人の体ではありません。くれぐれも無理のないよう体調と相談してくださいね。

<遺族には妊娠中であることを伝えておこう>
体調が万全であっても、妊娠中は急な体調な変化が起こるかもしれません。予定より早く失礼する、お手伝いができない、早めに座らせてもらうなど、事情がわかっていれば伝えやすいことも多いです。
また地域によっては、遠慮した方がいい場合もあり、そういった意味でも事前に伝えておくことが望ましいでしょう。

<ゆったりとした服装で>
お腹が目立たない時期であれば、手持ちの喪服でも問題ありません。ワンピースタイプであれば、比較的お腹がゆったりとしていて着やすいでしょう。これから購入するという場合は、ワンピースタイプがおすすめです。
締め付けが苦しいと感じる場合は、違う服を用意した方が安心です。また、かなりお腹が大きくなっている場合は、通常の喪服を着るのは難しいでしょう。
マタニティ用の喪服を購入することもできますが、必要な期間は限定的ですから、レンタルを利用するという手もあります。

靴については、ヒールではなくフラットなものを選ぶようにしましょう。
寒い時期であれば、ストッキングではなくタイツの方が冷えるのを防止できます。

<その他持ち物について>
冬場はもちろんのこと、夏もクーラーが効いていて体が冷えてしまう可能性があります。妊婦に冷えは大敵です。ひざ掛けやストールなどを持参し、冷えすぎないように注意しましょう。色も黒やグレーなど、目立たない色にしてください。
状況に合わせて、携帯できるお座布団やクッションを持参するのも良いでしょう。その場合も、色味には注意してください。

最後に


体調も気持ちも、いつもとは違う妊娠中。ただでさえ不安や心配が多い時期に、急な別れが訪れると、それだけで大きな心の負担となることでしょう。でも、最後のお別れをきちんとしたいと思う人が多いでしょうから、お葬式に参加するかどうか悩んでしまいますよね。

迷信については、あまり気にする必要はないと思いますが、体調や心の状態を十分に考慮して、自分だけではなく夫や両親、親戚などにも相談して、出席するかどうかを決めると良いでしょう。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント