出産

帝王切開の痛みってどんなもの?

帝王切開の痛みってどんなもの?

出産の中でも自然分娩と帝王切開があり、痛みはどちらも痛いのは事実です。帝王切開となると開腹婦手術の為、痛みはどれほど痛くて続くのか心配ですよね。そこで、帝王切開による痛みはどれほど続き、また回復期間はどれほどなのかについてお伝えします。

帝王切開とは?


まず、帝王切開とはそんな出産方法なのでしょうか。
帝王切開とは、経腟分娩では母体と赤ちゃんに危険が伴うと判断された場合に、リスク回避のために開腹手術で赤ちゃんを取り出す分娩手段です。
帝王切開には予定帝王切開と緊急帝王切開の2種類があります。

予定帝王切開とは、事前に経腟分娩によるリスクがあると判断された場合、あらかじめ出産日を決めて手術を行う方法です。予定帝王切開は、陣痛が来る前に手術を行う必要があるため、妊娠38週前後で予定されることが一般的です。

緊急帝王切開では、経腟分娩の予定であったのが、分娩中に赤ちゃんか母体かのどちらか、または両方に緊急事態が起きた時に帝王切開に切り替える事を言います。例えば、赤ちゃんの心拍数は著しく乱れてしまったり、陣痛が来たのにも関わらず陣痛が止まってしまい出産が進まない状態だったり、胎盤が急にはがれてしまったりと、様々なケースがあります。

帝王切開の痛みとは?


帝王切開は開腹手術。字の通り、お腹を着る手術です。麻酔が切れた後は痛みもあり、回復するまでにも長い時間が必要となります。

「炎症期」手術3日目ごろまで
この炎症期と呼ばれる期間が最も強い痛みを感じます。皮膚が形成され傷口が閉じていく際に、痛みや腫れを引き起こします。
出産を終え、数時間経つと麻酔が切れてじわじわと痛みを感じてきます。
今まで感じたことのない強烈な痛みとともに授乳がスタートという結構過酷な状況が待っている場合もあります。産院によっては、術後は身体を休める為に1日赤ちゃんを預かってくれるところもありますので、事前に確認をしておくことをお勧めします。

「増殖期」術後3週間まで
新しい細胞が増え傷口部分を再生していく期間です。炎症期ほどの痛みはありませんが、軽い痛み、またはかゆみ、赤みなどが生じます。

「成熟期」術後3週間以降
もう3週間も過ぎたら痛みも落ち着き、約1年回復に向かっていきます。傷跡も白く目立たなくなってきますが、何か傷口に異常がある場合は赤く盛り上がっている場合があるので、その場合はすぐに病院へ見てもらいましょう。

筆者は2人の男の子の母ですが、帝王切開を経験したママさんに聞くと、人生最悪な痛みと言っていました。味わったことのない痛みで、交通事故でトラックに跳ねられたくらいの痛みとまで言っていました…。
ですが、痛み止めもあるので、この人生最悪な痛みにずっと耐えなくてはならないわけではありませんので安心してください。

帝王切開の傷跡って残るの?


切開方法によって傷の残り方が変わってきます。
予定帝王切開は「横切り」、緊急帝王切開は「縦切り」の2種類に分けられることが多いです。横切りは、皮膚から筋膜までを横に切り、その下の腹膜は縦、そして子宮壁は再び横に切ります。横切りの方が、お腹のシワや下着で隠れてしまうので、ビキニも着れるなど美王の面ではメリットが大きいですが、切開方法が複雑なので手術時間は長くなり、2回目以降の出産のときに、帝王切開が難しくなる場合もあります。

一方、緊急帝王切開では「縦切り」のケースが多く、お腹の皮膚と腹膜を一度に縦で切って、子宮を横に切る方法です。緊急での手術となるため、1分1秒でも早く赤ちゃんと取り出さないと命の危機に関わるため、手術時間が短くできる縦切りにて帝王切開を行います。
縦切りは2回目以降の帝王切開がやりやすいですが、傷口は横切りよりは目立ってしまう事があります。

帝王切開の傷跡が薄く目立たなくなるまでには、個人差があります。
半年程度で綺麗になくなる人もいれば、10年、20年経ってもはっきり残ってしまう人もいますので、こればかりは体質なので気長に構えて、母の勲章と思って定期的な日々のケアをしてきましょう。

これから出産を予定しているママさんへ


今現在、帝王切開での出産を予定している方、または出産を控えている方。ご家族の方と帝王切開になった場合、ママを助けてね!と前もってお願いしておきましょう。
そして、パパにはこんなお願いをしておきましょう。

■授乳の時はママのところまで連れてきてね
■赤ちゃんが寝ている時はママも一緒に寝かせてね
■産後1週間でもいいからママの代わりにおむつを替えてね
■ママに飲み物を小まめに飲ませてね

帝王切開の後、もちろん帝王切開でなく自然分娩で出産したママさんは、体のどこかしらの痛みを我慢しながら慣れない育児がスタートします。そして、体力が戻りきらない中、夜中も1.2時間起きの授乳で頑張っています。少しでも良いので、ママを助けてあげてください。その小さな助けが、ママにとって本当の幸せと励みになります。

家族みんなで大変な時期を乗り越えて、共に育児を楽しみましょう。

 

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント