出産

焼肉食べたら陣痛が来る?出産にまつわるジンクスを集めてみました。

焼肉食べたら陣痛が来る?出産にまつわるジンクスを集めてみました。

臨月を迎えた妊婦さんは、いつ陣痛がくるのかドキドキしながら過ごしていることでしょう。そこで気になるのが陣痛ジンクス。そのほとんどに医学的根拠はないものの、多くの妊婦さんは試しているようです。今回は陣痛にまつわるジンクスを集めてみました。

焼き肉を食べる


焼き肉を食べることで陣痛が促されるという話はよく聞きますが、
このジンクスに医学的な根拠はありません。

「出産後はなかなか行けなくなるし、今のうちにゆっくり焼き肉を食べておこう」
と考える妊婦さんが多いことから、こうした噂が広まったといわれています。

臨月で焼き肉を食べ、たまたまその後に陣痛がきたという体験談から、
焼き肉=陣痛のイメージにつながったのでしょう。

臨月に焼き肉。体調がよいなら今のうちに楽しむこともいいと思いますが、
食中毒予防のためお肉はしっかり火を通すこと、
脂質の過剰摂取に注意することを心がけるようにしましょう。

カレーライスを食べる


カレー粉には数十種類のハーブやスパイスが含まれています。
こうした香辛料の影響から「カレーライスを食べると子宮が刺激され、陣痛が起きる」といわれることがありますが、医学的な根拠はなく、ジンクスは偶然によるものだといえるでしょう。

カレーライスは作るのが簡単ですし、主食、副菜、主菜が一度に食べられるメニューです。
日頃の食事にカレーライスを食べる妊婦さんも多いでしょうが、
市販のカレールーは塩分と脂質が多いので、妊婦さんは食べすぎに注意しましょうね。

オロナミンCを飲む


大塚製薬の栄養ドリンク「オロナミンC 」。
これを飲むことによって陣痛が促進されるといわれることがありますが、
こちらもやはり医学的な根拠はなく、あくまでも偶然であるという見解が一般的です。

オロナミンCにはビタミンC、ビタミンB2、ビタミンBなどの栄養素が含まれており、
出産直前の体力アップに飲む妊婦さんが多いことから、
こうしたジンクスがいわれるようになったのかもしれませんね。

陣痛にきくという噂が広まると、
本当かどうか試したくなる妊婦さんもいらっしゃるでしょうが、
オロナミンCには様々な成分が含まれています。

1本飲んだだけで悪影響が出ることはありませんが、
過剰摂取を避けたいカフェイン・アルコール・糖分なども含まれているので、
飲むのであれば1日1本を厳守し、連日飲むのは控えましょう。

ラズベリーリーフティーを飲む


ラズベリーリーフティーは、安産や陣痛促進に作用するハーブティーとして知られており、
ヨーロッパにおいては昔から「安産のお茶」ともいわれています。

ヨーロッパで行われたある一部の研究によると、
ラズベリーリーフティーを妊娠8か月に入ってから毎日飲んだ妊婦さんは、
子宮口が完全に開いてから赤ちゃんが出てくるまでの時間が
約10分も短くなったという結果が報告されました。

このように、ラズベリーリーフティーと安産が関係している研究結果がある一方で、
陣痛促進に影響があるかどうかに関しては、今はまだ証明されていません。

しかし、ラズベリーリーフティーはノンカフェインで、やさしく甘い香りが特徴。
温かくして飲むと体が温まり、リラックス効果が期待できます。
妊婦さんにぴったりの飲み物なので、ジンクス抜きにしても試してみるとよいでしょう。

スクワットをする


予定日を過ぎると助産師さんから「スクワットをしてください」とすすめられることがあります。
その理由は、スクワットの姿勢は骨盤が広がりやすくなるためです。
骨盤が広がることで、赤ちゃんは進みやすい角度になり陣痛の促進が期待されるというわけです。

また、スクワットは足や腰の筋肉を鍛えるとともに体力をつけるのにも適した運動です。
同時に骨盤底筋も鍛えられるので、お産に備えた体つくりができます。

骨盤内や下半身の血行促進にも効果的なので、便秘や腰痛の改善につながる可能性もあります。

ただしスクワットを行うのには注意点があります。
臨月の妊婦さんが普通のスクワットをするとお腹の重みでバランスを崩す恐れがあるので、
壁に背中と頭をつけたまま腰を落とすスクワットの方が安心です。

ウォーキングをする


妊娠中でも身体に負担をかけずに気軽にできる運動といえばウォーキング。
普段歩く時より少しだけ歩幅を広げ、深呼吸しながら歩くとより運動効果が見られます。
頑張りすぎるとお腹が張ることも考えられるので1日30分程度を目安にとどめておきましょう。

ウォーキングは股関節を柔らかくする効果があります。
そうした理由から「ウォーキングは陣痛促進につながる」というジンクスが
いわれるようになったのかもしれませんが、医学的根拠はありません。

妊娠中にウォーキングをするなら、熱中症対策や防寒対策を万全にすること。
また、もし急に体調の変化があったときに困らないように
「携帯電話」「母子手帳」「健康保険証」は持っていくようにしましょう。

階段昇降をする


階段昇降は骨盤の開きをよくする効果があるので、陣痛促進につながることがあります。
また、運動不足の解消にもなるので体重管理や体力づくりに適した方法ですね。

ただし、臨月の妊婦さんだと大きくなったお腹により足元が見えにくいことがあるので
細心の注意が必要です。

階段昇降を行うなら幅広めの緩やかな階段を利用するようにしましょう。
そして手すりにつかまったり、身近な人にそばにいてもらったりするなど慎重に行いましょうね。

舟漕ぎ運動をする


舟漕ぎ運動というのは、その名の通り、舟を漕ぐような動作のこと。

やり方は、まず肩幅に足を開き、片足を少し前に出します。
両手でオールを持っているように構え、両手で舟を漕ぐように動きます。
その時、前後に体重移動することがポイントです。
20回漕いだら、前に出す足を入れ替え、また20回漕ぎます。

立って揺れる動作により、赤ちゃんが下りてきやすくなり
陣痛が促進される可能性があるといわれています。

雑巾がけをする


雑巾がけをすると陣痛がくるというジンクスもあります。
その理由としては、雑巾がけをするときの姿勢・四つん這いです。

四つん這いは、腰に負担が少なく、股関節を柔らかくする効果があるといわれます。
また、骨盤の軸と胎児の重力が合いやすいので産院によっては、四つん這いスタイルでお産をするケースもあります。

四つん這いはお産に関連する姿勢ということから、「雑巾がけ=陣痛がくる」というジンクスがいわれるようになったのでしょう。

おっぱいマッサージをする


「おっぱいマッサージをすると子宮収縮が促され陣痛が起きる」というジンクスがあります。
確かにおっぱいマッサージの刺激は子宮を収縮させる作用があります。
しかし、それが陣痛を引き起こすほどなのかどうかの根拠はありません。

産後の母乳の出がよくなるように行うおっぱいマッサージですが、
帝王切開の予定出産を控えていたり、お腹の赤ちゃんが小さめの場合は
おっぱいマッサージを推奨しないこともありますので、
自己判断はせず、担当の医師に相談しましょう。

陣痛促進のツボを押す


「三陰交(さんいんこう)」というツボは安産や陣痛促進のツボとして知られています。
三陰交は、足の内側のくるぶしの一番上から、指四本分の真上に存在します。
そこを指で押したり、温めたりすると効果的です。

ただし、ツボは神経や血管の上に位置していることもあるので、
自己流でツボを刺激すると思わぬ影響を及ぼすことがあります。
ツボの刺激について事前に担当医師に相談するのがよいでしょう。

アロマの香りをかぐ


アロマの香りは、心身をリラックスさせ、血液やリンパの流れをよくする作用があるとされています。
ジャスミン・クローブ・サイプレス・シナモンの葉・パルマローザなどは、
陣痛促進・子宮強壮作用のあるアロマとして知られています。

実際のところ、アロマと陣痛の関係は医学的に立証されているわけではありませんが、
妊娠後期になるまで嗅かないようにした方がよいといわれているので、
何らかの影響があるのかもしれませんね。

最近は、分娩時に妊婦さんがリラックスできるようアロマを使用する産婦人科もあります。
自宅でアロマを取り入れリラックスしながら陣痛を待ってみるのもいいでしょう。

赤ちゃんへ語りかける


お腹の赤ちゃんに「もうちょっとで会えるね」「予定日には出ておいで~」「早く会いたいよ」と語りかけていたら、陣痛がきたという話を聞きますが、語りかけと陣痛が関係しているか定かではありません。

しかし、妊娠5ヶ月を過ぎるとお腹の赤ちゃんの耳は聞こえるようになるといわれています。
赤ちゃんへの語りかけは、赤ちゃんとママの関係を強くするとともに、互いの気持ちが安定する効果もあるといえるので、ジンクスに関わらず、語りかけはぜひ行いたいものですね。

「パパが立ちあえるのはこの日だけ」など事情があれば、ダメ元で赤ちゃんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

月の満ち欠けや、潮の満ち引きの時期


満月や新月の日は、赤ちゃんが生まれやすいというジンクスがあります。
そもそも潮の満ち引きは、月の引力が関係しています。
月のある側は、月の引力により海面が持ち上がり、満潮になるようです。

妊婦さんのお腹の中の羊水は、海水の成分によく似ていることから
月の満ち欠けや潮の満ち引きが出産に影響するといわれるようになったようです。

医学的な根拠はないものの、産婦人科では「新月や満月の日は出産が多い」という声は
実際に多いので、何かしらの影響があるのかもしれませんね。

まとめ


陣痛ジンクスは、おまじないのようなものであり、残念ながらその効果について医学的に証明されているものはほとんどありません。
しかし、これらが全く意味のないものとはいいきれないといえます。
というのも、わたしたち人間は、心理的影響を強く受ける傾向があります。
効果があると信じて実践することが、陣痛を引き起こす可能性がゼロとはいえないのです。

出産を迎えるにあたり、前向きな気持ちでいるためにも試してみる価値はあるかもしれませんね。
ただし、ジンクスの中には、妊婦さんにあまり向かない食べ物や運動もあるので、
身体に負担がかからない範囲で実践することを忘れないでください。

 

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント