マタニティ

産後クライシス!旦那にされて・言われて嫌だったことをさらに集めてみました

産後クライシス!旦那にされて・言われて嫌だったことをさらに集めてみました

ホルモンバランスの変化に睡眠不足、小さな命を守らなければならない責任、なくならない家事、様々な人間関係…このような大変さが重なる時期に、産後クライシスになる可能性ありな、旦那にされて・言われて嫌だったことをさらに聞いてまとめてみました!

上の子に愚痴る夫


二人目の出産で知っていることは多いものの、上の子のケアについては初体験。

必ずさみしい思いをさせてしまうことになるからと、出産前から夫には上の子のケアを一番にお願いしていました。
実際に下の子が生まれて、どうしても私はそちらにかかりきりに。約束通り夫は上の子のお世話をしたり、遊びに連れて行ったりしてくれて、それは助かったんですが…
どこかで、自分は十分手伝っているという気持ちだったんでしょうね。それなのに家事がおろそかになっていることが気に入らなかったみたいです。

ご飯が買ってきた惣菜だと、「ママはまた手抜きですね〜。手作りがいいよね」。
部屋にホコリを見つけると「おうちがホコリだらけだねぇ。お掃除しないと体に悪いのにね」。ワイシャツにアイロンがかかってないと、「旦那さんに、こんなしわくちゃのワイシャツで会社に行かせたらダメなんだよ」。
といった具合に子供にグチグチ。上の子は女の子なので、ママみたいにならないようにと刷り込まれているようで、本当に腹が立ちました。

アイドルのコンサートを優先した夫


慣れない育児で疲れがたまり体調を崩していた時、夫が私や子供のケアではなく、アイドルのコンサートを優先したことです。

趣味を否定するつもりなんて全くありません。毎日仕事を頑張ってくれてるんだから、自分の趣味を楽しんでもらったらいいと思ってます。
でも、その時は本当に弱っていて…自分は水分だけをとって、子供の母乳をやるのが精一杯というくらいだったんです。
しかも、なかなか取れないチケットが取れたというならまだいいですが、夫の場合は月一回ペースでいけるんですよ。

こんな日くらいは私たちを優先してくれてもいいじゃないか、と思った悲しさと苛立ちはずっと忘れないと思います。

接待ゴルフと言って、友人とゴルフに出かけた夫


私は、仕事がある時は何があっても仕事を優先してもらったらいいと思っていて、そのことは夫もよくわかっています。
それに、友達と遊びに行くことだって、先に予定がなければ快く送り出してきました。私だって友達は大切なので、夫だって同じだと思ってましたし、子供がある程度大きくなったら、私の一人時間(友達との時間)を作るという約束にもなっていました。

それなのに、夫は接待だと嘘をついて、友人とゴルフに行ったんです。
産後の私を置いて友人と楽しむことが後ろめたかったという気持ちはわかるし、ある種の気遣いであるとも思うけれど、嘘をつかれたことが何より腹たつ!それに、これからは仕事と言われても毎回疑わないといけないと思うと、気が重いです。

ちなみに、共通の友人のSNSで嘘がバレました。詰めが甘いですよね!

もっと大変な人もいるんじゃないの?という夫


うちの息子は、高性能背中センサーのついてるタイプで、寝たと思ってベッドに置いた途端に泣くという毎日。抱っこしたまま眠ったり、夜中もずっと抱っこし続けたり…おかげで眠たいし腰は痛いし、手首は腱鞘炎になるしで、つい夫に愚痴ってしまいました。
すると夫は「もっと大変な人もいっぱいいるんじゃないの?」「健康に生まれてきたんだし、夜泣きくらい仕方ないでしょ」と言ったんです!

わかってるよ。わかってますとも。でもそういうことを言ってほしいわけじゃないのよ。なんでわからないかな?
平日はダメでも、休日の1回でも変わってくれたことがあるならまだ許せる。一回も夜泣きに付き合ったことないくせに!!
もう、今思い出してもムカついてしょうがないです。

自分で子供が欲しかったんでしょ?という夫


退院して早々、授乳がうまくいかずに悩んでしまいました。しかも授乳がうまくできないと、子供もご機嫌が悪くて余計に落ち込む毎日…。

そんな私を見て心配するどころか、「自分が望んで子供欲しかったんでしょ?それなのにそんな顔するなよ」と怒られてしまいました。
その時はひたすら落ち込んで、泣いて泣いてどうしようもなかったのですが、少し育児にも慣れて授乳もうまくいくようになり、余裕が出てきたころ、その言葉を思い出して怒りが湧いてきました。

今さら言っても仕方ないかなというところもあり、夫には伝えていませんが、一生忘れません。子供がいなかったらもう夫と一緒に暮らさなくてもいいとすら思ってしまいます。

甘いものを我慢する私の目の前でガンガン食べる夫


私は乳腺が詰まりやすい体質だったようで、甘いものや油物を控えていました。でも元々は、チョコレートやケーキ、クッキー、とんかつに唐揚げなどがだ〜〜いすき。かわいい子供のため、自分が辛い思いをしないためとはいえ、我慢するのは結構辛いものがありました。
実は夫も私と同じで甘いものや油物が大好き。私が我慢してるんだからあなたも食べるななんていう気はないけど(いや、ちょっと思ってたけど)、日中外にいるんだから、外で食べてきて欲しかった…。普通に甘いものを買ってきて私の前でガンガン食べるから、食べられない私は辛いのなんのって…。

「最近唐揚げしてくれないね。食べたいな〜」とまで言ってきた時には、ぶちぎれてしまいました。
あれだけ食べていた私がこんなに我慢しているのに、何にも思わないんでしょうかね?
以来、気遣いはできないもんだと割り切っています。

最後に


いかがでしたか?

同じような夫をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?
みんな、いろいろな苛立ちを抱えながら、頑張って子育てしているんだな、と改めて感じてしまいますね。
夫本人からしたら、言ったことすら覚えてないかもしれないような一言も、言われた方は恨みとともにずっと忘れないものです。

この記事を見てドキッとした夫側のあなたは、まだいい方かもしれません。僕は大丈夫なんて思っている人の方が危ない可能性もあります。
一度、妻の気持ちを聞いてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント