妊娠

中絶手術を受ける前の注意点!手術後のリスクも理解しよう


手術を受ける前に


・手術を受ける医院が母体保護法指定医であること(法律による)。※大抵は看板に書いています。
・手麻酔に関する注意として、持病のある人(アレルギー体質・心臓病・高血圧・喘息など)は、手術を受ける前に必ず伝えましょう。
・中絶手術は全身麻酔で行われますので、万が一に備えてキチンとした対処が行えるように準備する必要があります。もちろん手術を行うまえに医師も確認を行います。

持ち物と注意点


同意書:同意書は初診の時に病院から渡され、次回手術の日にサインして持って行きます。
○同意書の記入事項はパートナーと自分の名前・住所・捺印など。
※万が一、どうしても相手がサインしてくれない時は、まず先生に相談してみましょう。
お金
服装:脱ぎやすいもので。下はスカートがベター。
その他
・ノーメイク、ノーマニキュアで。
・飲食禁止 ※医師からの指示に従ってください。
・シャワーを浴びて清潔に。
・生理ショーツとナプキン2~3個持参

後遺症について


中絶手術後は、体調の変化や経過に注意しながら過ごしましょう。「おかしいな」と感じたらすぐに病院へ行き、医師の指示に従うこと!症状が出ているのに放置しておくと、後遺症(不妊など)につながることがあります。
○要注意な症状例
・出血がダラダラ長引く。
・イヤな臭いがする。
・おりものがおかしい(膿が混じっているなど)。
・おなかが痛む。
・熱がでる。

骨盤腹膜炎・卵管炎・子宮内膜炎


中絶手術後、無理をすることも原因の1つですが、この場合は子宮内の傷が治りにくく出血が止まらずばい菌が入り炎症を起こして感染する症状(後遺症)として、この3つがあります。それぞれ発熱や激しい下腹部痛や腰痛、不正出血やおりものが増加したりなどの症状が見られます。まずは、原因となるばい菌を特定して治療することです。いずれも悪化させると後遺症として取り返しのつかないことになりかねません。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント