栄養

レンコンは栄養がいっぱい!茨城県が生産量トップ【妊婦の方にもおすすめ】



茨城県が生産量トップ


独特の食感が美味しいレンコンは11月12月が旬であり、生産の50%ほどを茨城県が占めています。

下茎の肥大した部分を食用にしますが、食べられている国は日本、中国など少数です。日本では穴があいており「見通しがきく」ことから、縁起物としておせち料理に欠かせない存在です。

レンコンの栄養素


特筆すべきはムチン。茹でるとヌルヌルとした粘り気はこのムチンによるものです。胃や粘膜の保護やたんぱく質の分解に促進し胃腸の働きをサポートしてます。さらに滋養強壮や二日酔いの防止などの効果が期待されます。 
ビタミンミネラルも豊富に含み、中でも免疫力アップやアンチエイジングに欠かせないビタミンCを豊富に含みます。

切っている途中でが黒っぽく変色するのは、ポリフェノールの一種である「タンニン」によるものです。変色によって味が落ちるわけではありませんが、酢水につけることで変色を防止することができます。

まとめ


煮物や揚げ物、酢の物などレンコンは多くの料理で楽しむことが可能です。旬の味覚をご堪能下さい。

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント