赤ちゃん・育児

赤ちゃんの習い事はいつから?オススメ4選をご紹介

赤ちゃんの習い事はいつから?オススメ4選をご紹介

子どもの習い事は、いつから始めればいいのか悩むところ。小さい頃の吸収力は思っている以上に大きいです。赤ちゃんの頃に経験したことが、その後の人生に影響を与えることも少なくありません。今回は赤ちゃんの習い事にオススメのものを紹介します。

赤ちゃんの習い事を始める時期


私が子供の頃は、習い事を始める時期は「○○を習ってみたい」と自分から言える、意思がはっきりしてきた小学生からか、早くても幼稚園からという人が多かったように思います。
しかし、最近は、習い事を始める時期が低年齢化してきました。小学校に入学する頃には約半数の子供が習い事をしていると言われています。
0歳から習い事と言うと早すぎるのかな。と思うかもしれませんが、実際に0歳から始められる習い事もあります。早く始めて、良い効果もあります。
0歳では、できることが限られてくると思う人もいるかもしれませんが、0歳の赤ちゃんは、もちろんその子の発達にもよりますが、意外と色んなことができるのです。

なぜ、0歳から習い事?


まだ、意思のはっきりしていない赤ちゃんの習い事なので、親の意思で習わせているのが分かります。どんな理由で0歳から習わせているのでしょう。

・教育を目的として
語学、音楽などは早い方がいいと言うのは有名ですね。その子の興味は後からついてくるものとして、早いうちからこんなものがあるということに触れさせてあげるだけで、たくさんの刺激を受け、子供の将来の選択肢が広がることでしょう。

・子供と触れ合う時間
0歳の赤ちゃんの習い事は一人では無理です。親や保護者の人と一緒にその時間を過ごすことになります。家ではゆっくり関わる時間がない、触れ合う時間が少ないと感じる人も、この時間だけは子供と向き合い、同じことを感じる時間になります。この腕の中に収まってくれる小さい時間はあっという間です。大切なスキンシップの時間になりますね。

・お母さんの息抜き
産後うつという言葉もかなり浸透してきましたが、産後は感情の浮き沈みも激しく、目の前の小さな我が子を愛おしく思う分、不安も押し寄せてきます。すぐ近くに同じような悩みをもつ人がいればいいのですが、家にこもって孤独を感じているお母さんも多いです。そんな時に一歩外に出て、同じ年齢の子供を持つお母さんと話すことはストレス発散にもなります。

・入園、入学に向けて
その習い事によりますが、集団で動くなど、同年代の友達との関わりを経験することができます。また、親以外の大人と関わり、その人の指示を聞くということに慣れておけば、入園、入学してから安心ですね。

0歳からの習い事のオススメ


・ベビースイミング
一般的には生後半年から通えるところが多いです。中には3ヶ月から通えるというところもあるので、近くのスイミングスクールに問い合わせてみましょう。

スイミングと言っても、赤ちゃんに本格的に泳ぎ方を教えるということではありません。お母さんと一緒に水の中に入り、水と戯れて遊び、楽しむことが目的です。小さいうちから水に慣れることで、水が怖いということはなくなります。また、心肺機能が鍛えられて、病気になりにくく強い身体になると言われています。水につかって、身体が疲れることで、その後たくさんお昼寝してくれるという嬉しい効果もあります。

・リトミック
リトミックは音楽に合わせて、身体はもちろん手や楽器で音楽を表現することを言います。
最近では、ダンスが小学校の授業に入ってきましたね。リズム感を小さいうちから養うことは大切です。また、リトミックの音楽が英語であったり、リズムに合わせて絵を描いたり、色々な要素が組み込まれているリトミック教室もあるようです。親子での教室になるので、音楽に合わせて動く我が子を見ると、可愛くて癒されるでしょう。

・英語教室
こちらも2020年から小学校での必修となります。
小さいうちから英語に慣れ親しむことで、英語への苦手意識がなくなり、何よりも良い発音や聞き取れる「英語を聞く力」を身に着けることができます。これは大人になってからだとなかなか難しいものです。

親子で参加するので、英語の歌や絵本などで楽しく子供が学ぶのと同時に、親も一緒に楽しく英語が学べそうですね。また、英語を小さいうちから聞かせたいけど、通って習うのは少しハードルが高いという人は、家でできる英語の教材もあるようです。

・体操教室
ボールや縄、フープやマットなど、馴染みのある運動器具を使って、赤ちゃんと一緒に運動を楽しむことができます。
ボールを転がす、跳ぶ、まわる、歩くなど基本的な運動能力を身につけ、体力の向上を目指します。赤ちゃんの頃の神経の発達は素晴らしいです。この頃に基本的な運動神経を身につけることで、大きくなった時にどんなスポーツにも応用し、活用することができるでしょう。一緒に動くお母さんも、簡単な運動なので、運動神経がよくない人でも楽しめ、リフレッシュできます。また、スイミングと同様、帰ったら疲れてたくさん寝てくれるというメリットもあります。

まとめ


習い事が負担になっては、意味がありません。一緒に楽しむ時間は、どの習い事であっても親子にとってかけがえのない時間になると思います。習い事には、体験もあるので、赤ちゃんとお母さんにとって楽しく通えるところが見つかるといいですね。

 

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント