マタニティ

私の場合はこうだった!マタニティブルー(妊娠中)体験をまとめました

私の場合はこうだった!マタニティブルー(妊娠中)体験をまとめました

お腹の中で約10か月間、愛する我が子との大切な時間…
ですが…つわりがあったり、涙もろくなったり不安になったりと色んなことが起きる妊婦生活。そんなマタニティブルー(妊娠中)について色んな方から聞いてまとめてみました。

夫が出勤するたびに涙


元々そんなに涙もろいほうではなかった私ですが、妊娠を機に自分でも病気なんじゃないかと疑うほどに涙もろくなりました。
妊娠初期の頃、つわりも始まり、自分の体の変化に気持ちがついていけなくなったのか、一人でいることがとても不安な時期がありました。
一人になるとインターネットで妊娠について調べては不安になり、嫌な方、マイナスな方ばかりに考えがいってしまって、「無事にこの子を産めるのだろうか。」「本当に母親になれるだろうか。」といったことばかり考えていました。
夫とは二人暮らしなので、毎朝夫が出勤する時間になると玄関先で「家にいてほしい。」「一人になるのが嫌だ!」と泣く毎日。
夫も慰めてくれていましたが、もちろんそんな理由で会社が休めるはずもなく、とても困っていたと思います。
数か月もたてば泣くことはなくなり、自分でもあのときなぜあんなに泣いていたんだろうと不思議に思うほどです。

子供と離れたくなくて。こんなママでごめんね。


二人目の妊娠の時でした。一人目の時は特に問題なく妊婦生活を送り出産しました。
二人目もそんな感じの出産になるんだろうと思っていました。
しかし先生に告げられたのは、「切迫早産のため入院してください。」との言葉。
上の子は、まだ2歳にもなっていなかったので、とても離れるのが寂しく、それ以上に申し訳なさでいっぱいでした。
幸い夫の実家が隣だったので義母にお願いしましたが、入院してから毎日何もしていなくても涙が流れていました。
「一緒にいてあげられなくてごめんね。」「もっとちゃんと体調管理していればこんなことにならなかったのかも。」「ダメなママでごめんね。」と毎日自分を責めて泣いていました。
今思えば、あの入院していた時期が一番ゆっくりできていたな、もっと有効活用したらよかったなと、と思っています。

こんなことで泣くような人間じゃないのに


妊娠してから本当に些細なことで泣いたり、ネガティブな考えばかりしてました。
久々に実家に帰り、みんなが帰ってくる時間に合わせて晩御飯を作って待っていました。
しかし、予定が入ったり帰りが遅くなったりという連絡が…
今までだと、「あ、そっか。先に食べちゃおー。」で済んでいたのに、大号泣。
なぜがあの時は、とても悲しくなって泣いていました。
今となっては、あの時わたしはマタニティーブルーだったんだな…と思います。

子どもの出ているテレビに弱くなった


妊娠するまでは小さな子どもが出ている番組を見ていると、かわいいなー、ほんわかするなー、癒されるなーとほのぼのした気分になっていたのですが、妊娠してから同じような番組を見るだけで涙が出ていました。
赤ちゃんが産まれてくるような番組を見ると号泣。おつかいに一人で行けたら号泣。一生懸命に走っている姿を見ては号泣。夫からも、え!?なんで泣いてるの?と言われるほどに、すぐぼろぼろと泣いていました。
しかし妊娠中期頃になると、嘘みたいにそんなこともなくなり、あの時は何だったんだろうと今でも不思議に思います。
今となっては、子育てで大変な毎日に泣く暇もなく、あの時が懐かしくすら感じています。

異常に夫にイライラした時期。


私たち夫婦は、友達からもよく言われるほどの仲良し夫婦です。
喧嘩もほとんどしたことがなく、相手を思える素敵な夫だと思います。
しかし、私に襲い掛かった魔の期間。マタニティブルーです。
今思えば、妊娠初期で体が妊娠に慣れておらず、ホルモンバランスもガタガタだったんでしょう…
でも当時の私はそんな自分を分析する余裕などなく、とにかく夫に当たり散らしていました。今になっても、いったい何にそんなにイライラしていたのか思い出せないんです。でも、とにかくイライラしていたことだけははっきりと覚えています。
ひどいときには、実は食器を投げたりもしてしまったんですよね。結構ひどい方なんじゃないかと、自分でも思っています。
あの時期に耐えてくれた夫には、今でも感謝しかありません。

妊娠…仕事はどうなるの?私の居場所は?


いつかは妊娠したいと思って、授かった命。でも実際に妊娠したと分かってから襲い掛かる不安。誰に何かを言われたわけでもなく、マイナスな考えしかできなくなっていました。
育休なんてとったら、1年後自分の居場所は残ってるの?
働けなくなったら収入が減ってしまう、どうしよう。
なんで、このタイミングで妊娠してしまったんだろう。
周りの人が、なんだか面倒くさそうに私を見ている気がする…
妊婦だから、どうせしばらくしたら産休育休で休むんでしょ?と思われている…
そんな誰にも言われていないことで、勝手に想像して気分が落ち込み、仕事に行くのが怖くなっていきました。それと同時に食欲もなくなり、どんどん痩せてしまいました。
周りの人はとても気遣って優しくしてくれてたと思います。
それ何の私ときたら、優しい言葉をかけておいて、早く会社を辞めて欲しいと思っているんだ。私のせいで仕事が増えるって思っているんだ。なんて、それすらもマイナスに考えてしまっていた妊娠初期…
でも2か月もたてば、そんなことを思っていたのも忘れるくらいに仕事をバリバリこなしていました。とはいえ、マタニティブルーは普段ポジティブな自分にも襲い掛かってくるものなんだと怖くなりましたね。
といいつつ、過ぎ去った今となっては一過性のものだと思えるので、今そういう時期の人がいたら「大丈夫だよ」っていってあげたいです。

最後に


あれはマタニティブルーだったんだ!!と気づかず経験している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
マタニティブルーは誰にでも起こりうる症状で、いつ起こるか、どれくらいの期間起こるかには個人差があります。
少しでも、あれ??と思うことがあれば親や一度出産を経験している友達に話を聞いてもらうのもいいかもしれません。
自分の中で解決しようとするよりも、まずは思っていることを吐き出してしまうといいと思いますよ!

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント