栄養

アーモンドの栄養価は非常に優秀!一日にどれぐらい食べていいの?



アーモンドの栄養価は高い


手軽にポリポリ食べられるアーモンド。
その栄養価は非常に高く、おやつとして食すのにも優秀食材。

アーモンドはどこが生産地?


アーモンドは高さ5~6mぐらいになる落葉高木で、桃や梅などに近い植物です。
桃や梅は果肉を食べますが、アーモンドは果肉が薄く、種の中に一つずつ入っている「仁」の部分を食べます。
世界ではアメリカでの生産が8割以上を占め、日本で出回っている物もアメリカ産がほどんとです。

アーモンドの栄養素を詳しく


アーモンドはビタミンミネラルが豊富に含まれており、特にビタミンE、マグネシウムを豊富に含みます。
ビタミンEはコレステロール値を下げ、活性酸素の攻撃から細胞膜を守り、
生活習慣病対策や冷え性改善、アンチエイジングに欠かせない成分です。
マグネシウムはたんぱく質合成促進、腸内環境改善など体内の細胞の働きに非常に深く関わる成分です。

アーモンドで便秘解消!


さらに不溶性の食物繊維を豊富に含み、腸の動きを活発にし便の量を増やして便秘解消につながります。
一日25粒程度までを目安に、味付きではなく素焼きアーモンドがおススメです。

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント