栄養

人参の栄養で風邪予防!βーカロテンを効果的に摂取できる食事法



人参の旬は10〜12月



人参の最も美味しい季節は今の時期。
常備野菜として欠かせない人参は、通年出回ることから旬がどの季節なのか意外と知られていないように感じます。

西洋種と東洋種に分けられ、よく市場に出回っているものは西洋人参と呼ばれるタイプ。
特筆すべき栄養素は「βーカロテン」。脂溶性ビタミンであるため、生で食す場合と比較すると油で調理した方が吸収率がアップする利点があります。

人参の栄養素


「ビタミンは生で摂取するに限る」ともいわれますが、脂溶性ビタミンは油を使用し調理することをおススメ致します。又、βーカロテンは、皮の部分に多く含むことから皮付きのまま食すことが一番効率よく摂取できる方法です。

βーカロテンには、喉や鼻の粘膜を丈夫にし、細菌などに対して免疫力を高める効果があります。そのため風邪予防には効果的。
他に、血圧を低下させる効果や、活性酸素を除去し老化防止や抗酸化に作用する成分です。

まとめ


人参は、1日約1/2本で必要なビタミンAが摂れる優れた食材。又、保存期間が長期であることも常備野菜として認知されている所以かもしれません。
料理に、ジュースに、パンケーキなど様々な用途に使える万能食材。1日のどこかで意識して摂取したい食材です。

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント