栄養

蕎麦(そば)の旬はいつ?ダイエットにも適した「ざるそば」の美味しい時期をご紹介


蕎麦の旬は秋


実の収穫時期によって、「夏蕎麦」や「秋蕎麦」と呼ばれますが、味・香り等すべてが優れ珍重されるのは「秋蕎麦」。
蕎麦の旬は11月~12月であるため、まさに今が、最もおいしい時期と言えます。

蕎麦を食べると長寿+アンチエイジング


蕎麦を常食する山村には長寿が多いとして、昔から「長寿食」として注目されてきました。
この要因としては、ポリフェノールの一種である「ルチン」や、抗酸化ビタミンである「ビタミンE」が豊富であること。
「ルチン」は、毛細血管壁の強化にはたらくため、高血圧・動脈硬化の予防や、認知症予防、アンチエイジング効果が期待されています。

さらに、エネルギー代謝を促し疲労回復に働く「ビタミンB群」、むくみの解消にはたらく「カリウム」、便通改善やデトックス効果が期待される「食物繊維」、体内で生成することができない必須アミノ酸の「リジン」や「トリプトファン」などの栄養素も豊富。健康食として名高いことにも納得です。

ダイエットではうどんより蕎麦


また、食品を摂取した後の血糖上昇率を示すGI値(グリセミックインデックス)についても、うどん85に対し、蕎麦は54。
糖質制限やダイエットをしたい方は、麺類を食べるなら、なるべく蕎麦を選ぶようにしましょう。

まとめ


さて、蕎麦屋で食事をした際に供される「蕎麦湯」ですが、皆様はどうしていますか?
蕎麦の専門店を除き、多くのお店ではわざわざ注文しないともらえないことから、飲まない人も多いと思います。
しかし、蕎麦に含まれる栄養素の約半分は水溶性であるため、茹で汁に流出してしまっています。よって、蕎麦の栄養素をしっかり摂取するには、蕎麦湯は飲んだ方が良いでしょう。
蕎麦湯に含まれる栄養素の中には、肝臓の解毒作用を促すはたらきもあるため、アルコールを飲む人にもおすすめです。

是非、今が最もおいしい「蕎麦」をご賞味ください。

関連記事

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント